しょくびさーち

★美を探し続ける女性のための美容アイテム☆ Japan 🌸

美容

【葛の花イソフラボンが嬉しい】ウエイトン WEIGHTON 葛の花の特徴と口コミや評判と実感できそうな効果をレビュー

投稿日:2019年3月5日 更新日:

ウエイトン WEIGHTON 葛の花の特徴

ウエイトン WEIGHTON 葛の花はジェイフロンティア株式会社が販売する葛の花から抽出された葛の花イソフラボンを配合する機能性表示食品のダイエットサポートサプリです。

含まれている成分は?

  • 葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)
  • 生きたまま腸まで届く有胞子性乳酸菌
  • ビタミンB群
  • コエンザイムQ10

「ウエイトン」には葛の花由来イソフラボンだけでなく、善玉菌サポートや元気のもとになりそうな成分が配合されています。

ウエイトン WEIGHTON 葛の花の実感できそうな効果をレビュー

「葛の花イソフラボン」は機能性表示食品として以下の機能を持っています。

「葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として)には、肥満気味な方の、体重やお腹の脂肪(内臓脂肪と皮下脂肪)やウエスト周囲径を減らすのを助ける機能がある。」

この機能は表記されているものです。

なんだかお腹周りに良さそうな気がしますね。

また、「葛花抽出物が血清脂質および体脂肪 に与 える影響」(J-STAGEより)という論文などにも葛花の有用性などが報告されているようです。

*「効果」という表現は医薬品で認められた効果や効能を示すものではありません。

1.脂肪の合成を抑える!

食事に含まれる糖や脂肪などに由来する脂肪前駆物質が肝臓内で脂質と合成するのをブロックします。

2.脂肪の分解を促進する!

白色脂肪細胞での脂肪を細かく分解。分解することにより、燃えやすい遊離脂肪酸となります。

3.脂肪の燃焼を促進する!

褐色脂肪細胞で遊離脂肪酸の燃焼を促進。効率よくエネルギーを消化します。

公式サイトの説明を引用しました!

葛の花イソフラボンの効果、効能について過度な表記があるといけませんのでそのまま引用しました。

でも、

難してよくわからない!

ですよね?

ものすごく簡単にいってしまうと、

脂肪をためない、今ある脂肪を燃焼させるサポートをする!

のようなイメージだと思います。(私の見解です。)

白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞というのが出てきましたが、

  • 白色脂肪細胞:脂肪を溜め込む!
  • 褐色脂肪細胞:脂肪を燃焼させる!

のような働きがあると言われています。同じ脂肪細胞なのに色によって働きが違うんですね。

機能性表示食品のことをもっと知りたい!

機能性表示食品で葛の花イソフラボンを機能性関与成分とするものは多くなっています。話題にもなりました。その分チェックが厳しくなってしっかりとした実験データを公式サイトに載せるメーカーも増えました。

ウエイトン WEIGHTON 葛の花の口コミや評判は?

 

「消費者庁」、「措置命令」というのは、

2017年11月に消費者庁より、以下16社の葛の花イソフラボンの効果を過度に表記していた会社が改善するように言われたそうです。

この中に「ウエイトン」は含まれていません。実際にモニターの人たちが検証した結果を見て効果の良し悪しを判断してください。

葛の花イソフラボンに限らず、有名な大企業のカット系のサプリの効果はだいたいこんなものです。飲むだけで短期間で驚くほど激ヤセするという効果を持っているサプリはありません。

https://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/pdf/fair_labeling_171107_0001.pdf

 

「女性ホルモン」というのは、大豆イソフラボンと混同しているのだと思われます。大豆イソフラボンには女性らしさをサポートする効果があると言われていますので同じイソフラボンでも葛の花イソフラボンは異なる成分です。

「富士フイルム」や「メタバリア」について気にしている人も多いのですが葛の花イソフラボンのサプリとして有名な大企業が販売していることもあって気にしている人が多いようです。

成分の配合量としては、葛の花イソフラボンは同じ量でした。「ウエイトン」には「メタバリア」に配合されていない良い成分がいくつか含まれていてお買い得なのでおすすめなのは「ウエイトン」の方だと思います。

「効果」「効能」についてはこのページの下部の「ウエイトン 葛の花(WEIGHTON)の効果で本当に痩せるの?」に公式サイトの実験データを引用していますので参考にしてください。いい結果が出ています。

「いつ飲む」、「タイミング」はカット系サプリの特性を活かすために一般的には食事の少し前がいいと思います。正しくは「ウエイトン」の説明にしたがってください。

「機能性表示食品」は「ウエイトン」に含まれる葛の花イソフラボンが機能性表示食品となっています。

「メカニズム」は葛の花イソフラボンがどのように身体に作用していい効果を発揮するかを知りたい人が多いのだと思います。詳しくはこのページの「葛の花イソフラボンの効果、メカニズム」に公式サイトの説明を引用しています。

脂肪のカットと燃焼の両方を行えるというのは他の成分ではあまりなかったことです。この目立った効果が過度な表記をしたくなってしまい、消費者庁から怒られたんだと想像できます。

葛の花イソフラボンと大豆イソフラボンの違いは?

  • 葛の花イソフラボン:お腹の脂肪を減らすのを助ける
  • 大豆イソフラボン:女性ホルモンバランスをサポートする

この「ウエイトン 葛の花」は葛の花イソフラボンを配合しています。「お腹の脂肪を減らすのを助ける」という方のイソフラボンで女性らしさをサポートする方の大豆イソフラボンとは異なります。

WEIGHTON(ウエイトン)葛の花で本当に痩せる?

公式サイトに「ウエイトン」を飲んでどれくらい痩せたかを試験した実験結果が掲載されています。

3ヶ月間決まった食事と決まったウォーキングを行い規則正しい生活をして、「ウエイトン 葛の花」を飲んだグループと飲んでいないグループとの間に違いが無いか調査したものです。

結果はどちらのグループも痩せたのですが、「ウエイトン 葛の花」を飲んだグループの方が圧倒的に多く脂肪を落とすことに成功したそうです。

 

*1日9,000歩程度の運動と1日2,000kcalの食事制限を併用した結果

 

「ウエイトン 葛の花」を飲んでいたグループは平均して20cm2もお腹周りの脂肪が減少していたそうです!

 

葛の花イソフラボンはちゃんと十分な量だけ入ってるの?

 

 

「ウエイトン 葛の花」は1日分の摂取量3錠あたり葛の花イソフラボン(テクトリゲニン類として)が35mg配合されています。

 

この配合量は多いの?割高じゃないの?

 

葛の花イソフラボンのサプリとして有名な富士フイルムの「メタバリア 葛の花イソフラボン 120粒 約30日分」という商品があります。この商品の含有量は、

  • 葛の花由来イソフラボン(テクトリゲニン類として) 35mg

 

となっています。「ウエイトン 葛の花」と同じです。

 

 

原材料名:還元パラチノース、葛の花抽出物/セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、微粒酸化ケイ素、カラメル色素

となっています。以下の「ウエイトン 葛の花」の成分と比較すると、

  • 葛の花由来イソフラボン
  • 有胞子性乳酸菌
  • ビタミンB群
  • コエンザイムQ10

「ウエイトン 葛の花」の成分は満足できるものだと思います。

ウエイトン WEIGHTON 葛の花の価格は?

  • 980円(税抜)/初回注文
  • 3,420円(税抜)/2ヶ月目以降

*定期コースはいつでも解約できます。

公式サイトがお買い得となっています。

#公式サイトへ行く

                           

ホーム画面に追加する

インスタじゃなくSafariなどのブラウザで開いてから「ホーム画面に追加」するとアイコンができるわよ
インスタで見てるとメニューにないのよ

RSSで購読する

*FeedlyなどのRSSリーダーで購読するには以下のURLをご使用ください。

FEED

注目のランキング

 

注目のランキング

 

注目のランキング

 

注目のランキング

 

注目のランキング

人気のブログを探す

・人気ブログランキング

・にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログへ

・ブログランキング
ブログランキング