*「ホーム画面に追加」すると見やすくなります*

○ウイルス対策

やっと平穏が見てきました。もうじきみんなが安心してオリンピックに湧く好況になるでしょう!?

投稿日:

 

やっと平穏が見てきました。もうじきみんなが安心してオリンピックに湧く好況になるでしょう!?

ほんとうに長い戦いでした。

日々、未知のウイルスに怯えながら世界はどんどんと不況になり、世界大恐慌から戦争が起きてしまうのではないかと思っているところに次々と不穏な報道が国内外で流れてきて何が正しいのか分からないような不安と情報不足により寝れなくなった方も多いのではないでしょうか?

未知のウイルスは日本では指数的に増えることもなく比例的に増えるのも維持できなくなって減ってきています。

東京都では封じ込め作戦を行い、通勤している人がいる中でもう感染者数は減り始めています。

これをTVの番組欄で「東京都3000人 なぜ減らぬ感染者」と書いてあるようなもので、感染者数をいつの間にか1日の感染者数じゃなくて累計数に変えて報道し始めたようです。

3,000人?

って、

驚く人もいますが、これは累計数なので絶対に減ることはありません。

もう打つ手はないのかもしれません。

しかし、コロナにはもう勝ったも同然ですね。

ただ、まだ病院にたくさん入院されている方がいるから今増えるといっぱいになるということでこれ以上増やさないほうがいいです。

安易に簡易検査キットで検査して正確性が20%程度とも言われていたようなもので検査して何になるのでしょう?

こんなことで不安になった人が病院にいって日本をパニックに陥れようというのでしょうか?

どこから回ってきたかわからないような検査キットは売るのも買うのも辞めたほうがいいです。

それで自分がとんでもないことに加担しているかもしれません。

第一、そんな本当に安全なのですか?そのキットは?

無菌状態なのですか?

ということと、郵送して検体を送るってことは郵便局に大量のウイルスを送ることと同じになります。

こんな危険なものを郵便局員が運ぶなんてかわいそうすぎますね。

また、密閉してあっても封筒とかは素手でさわり、切手を唾を付けて貼り付けたりしていたらもうこれは酷い。

酷すぎる。

郵便局に関わる人が感染するリスクが上がるじゃないですか?

色々あってしかなく処分しているようなイメージだと思いますが、企業イメージを落とさないうちに引くほうがいいように思えます。

なにせ安心第一のネットショップ運営の会社ならそれくらい考えるのも当然といえるでしょう。

オリンピックといえば衛星放送!

ですが、日本で開催するので時差がありません。

ですので深夜に放送されることはありませんので衛星放送を使わずとも民法で見れるでしょう。

オリンピック期間は都内は出勤停止などになるでしょう。

リモートワークもお手の物です。

家でじっくり見ながら楽しみましょう。

それではいつ頃から落ち着くか?

コロナは生物ですからいつとは考えにくいです。

とりあえず、他の問題が落ち着いてコロナだけに集中すればいいとなれば世界で協力できるのでとても簡単に解決できると思います。

治療薬のアビガン、ワクチンの開発。

これを世界で協力すればあっという間に克服できるでしょう。

そうはいっても年内はかかるかなと思います。

不用意に感染するのはよくありません。

抗体ができるけどもう一度感染しないと言い切れないという人もいます。

こんななかで無駄に感染するのはよくありません。

経済の落ち込みによる不況はどうするか?

どんなに経済が止まっても乗り越えて復活すればまた活動できます。

世界中の国で条件を付けずに国債でもなんでも発行してどんどん借金をしてでも国民を守るようにお金を調達し続ければウイルスで止まっていてもまたすぐにもとに戻るでしょう。

とにかく生き残ればいいだけです。

世界で全部の国が借金を増やせばとくに気にしなくていいように思えます。

全世界がピンチなんですから。

ただ、世界が協力して1つになってないとだめです。

争うものがいてはだめです。

それを解決することがまず第一のハードルでしょう。

利益の違う国同士がどうやって1つになるか?

戦う時に一番困ることは敵が見えないことです。

一体どこにいるのか?

それは何なのか?

どういうものか見えないしわからないのでは対策の仕様がありません。

ただ怯えているだけで負けてしまうのを待つだけです。これではとても1つになって戦えません。

この見えない敵が見えたときがいよいよ人類の敵との戦いが始まる時です。

それは始まったと同時にもう解決したともいえます。

ですから、見えない敵が見えるようになって世界が1つになった時点で人類は勝利してまた安心して暮らせる社会がくるでしょう。

さらに今までの問題も解決して以前よりもより一層楽しく暮らせる社会になって伸びていくと思います。

そのお祝いがオリンピックになればいいですね。

もうじき解決する

これらの問題は何も考える必要もなくただ毎日ご飯を食べて寝ているだけでいつの間にか解決しています。

それは自分の知らないところで命をかけて働いてくれた人たちのおかげであり、多大な犠牲の上に成り立っています。

そういう意味でも先人たちに感謝の意と敬意を払って生きていかなければなりません。

それだけは忘れては駄目です。

もう、自分たちが平和に暮らせるようになったからといって今回の教訓を忘れてしまってはまた繰り返しです。

手洗い、うがい、歯磨き、マスク、運動、、、

そして、良い考え、行いを忘れてはいけません。

人間には欲望と弱さがある

これが今回のウイルス騒動で分かったことです。

なぜ人間は負けてしまうのか?

こんなにもあさはかなものに。

その答えはやはり、人は完璧ではない場合が多いということです。

だいたい元気で良い状態の人は悪いウイルスに負けることはありません。

しかし、何かで落ち込んでいるときに人はどうしてもウイルスに負けてしまうことになります。

また、人はどうしても、

きれいになりたい!

モテたい!

お金持ちになりたい!

という欲望を抱いてしまいます。

こんなことがウイルスの入り込むすきとなってしまうのです。

一度入り込んでしまえば、知らない間に人の栄養を奪い弱らせ気がついたときには重症化してもう逃げることもできません。

ただ、もがき苦しみ倒れるだけです。

そうなる前にどうにかならなかったのか?

人は弱い生き物です。

どうしても重症化するまではわからないものです。

また、治療薬もありませんので感染して軽症であれば何もすることはありません。

ただ、これを自分がまだその恐ろしいウイルスの本性も知らない間に無邪気に周りの人に感染させてしまうことが問題なのです。

こうやって世界中に広がってしまったウイルスです。

ウイルスは元を断つといういことができません。

これは常にこれから人類が滅亡するまで付き合っていく病気です。

悪いウイルスが収まったかのように見えても、またどこかで感染爆発して徐々に感染者を拡大して増やしていきます。

そして気がついたときは周りの人が感染者だらけということもあるでしょう。

これが人がウイルスに負けてしまう理由です。

絶対に勝たなければならないという信念を持って戦うことが大事

今回もとてつもない多くの人が諦めずにウイルスと戦い続けてきたからこそ勝てたのであって、ここまで戦い続けるのに疲れてしまい戦うことを辞めてしまっては絶対に勝つことはありません。

そう、犠牲者がたくさん出てしまいもう諦めようと思うこともあるかもしれません。

しかし、それではウイルスで犠牲になった人が報われません。

命をかけてウイルスと戦った人がいる。その人のために自分も戦うと考えてウイルスの恐怖に負けずに気持ちを保ってください。

アビガンやワクチンというウイルス対策の要となる特効薬ができたとしても、勝てるかどうかは最終的には人の気持ちによって変わってしまいます。

いい薬があるといってもそれだけでは勝てません。

本当に戦うべき相手は何なのか?

それを理解して戦うことがウイルスに勝つ方法です。

今回はどうにかなったと思います。

でもまた、将来、ウイルスが現れた時にもちゃんと対処できるように日頃から医療などの体制を整えて準備していきたいものです。

戦いを錯乱させる情報は本当に気をつけなければなりません。

こういったことが崩壊を招くのです。

                           - # # # # # # # # # # #