しょくびさーち

🍁食と美容に関するお得な情報をお届けしています🍁



*美容コラム *美白の悩み

【ホント?うそ?】熱いお風呂で腸活して美白ケア!?

投稿日:

熱いお風呂で腸活して美白ケア!?

日焼け止めを塗っておく、紫外線を浴びないよう帽子や日傘を用意する、など美白ケアは事前の準備や予防が重要です。

陽射しを浴びてしまったら、高価なシミ予防クリームや美白パックに頼る他ないのでしょうか?

手軽でお金もかからない、自宅でできる美白ケアがあります。

それは「湯温42、3度の熱いお風呂に10分浸かること」です。

美容には“ぬるめのお湯に30分くらい長めに”がよく知られていますが、美白に関しては例外です。

熱いお湯と言っても、身体の奥、特に腸内部にまで温度が伝わるのはー5、6度です。

腸が最も活発に働く温度は36〜7度ですので、腸に熱を伝えるために熱いお湯に入ることが重要です。

では、美白ケアになぜ腸を温めるのか、と言うと、

小腸は免疫力に大きく関係しています。

紫外線はメラニンを生成します。

身体にメラニンが多く発生していると感知した小腸が、メラニンを撃退する成分を身体中に送り込んでくれるのです。

10分浸かる、と前述しましたが、長く入ってはいけない理由が2つあります。

一つはのぼせて具合が悪くならないようにするため、

もう一つは、長く入ると身体を冷やそうとする機能が働き、発汗作用が大きく働いてしまうので、小腸もお湯の中にいても冷やそうとしてしまうのです。

なので、長湯は逆効果です。

小腸が36、7度で活発に動き始めたところでお湯から出る、くらいのイメージで入浴するとベストです。

これは、外仕事をしていた母が何故か色白なので、何か秘密があるのか、と尋ねたら、長年の経験でそんな気がする、と言っていたのを、本などで調べて結論づけた方法です。

腸活アドバイザーの資格を勉強中ですが、腸は消化や排便に働きかけるだけでなく、身体の調子を整えたりウィルスや細菌を減らしてたり、さらには脳や精神面にも重要な働きをすることがわかっています。

美白というより、身体の内部や細胞の健康を保つために腸活が注目されています。

短時間の熱め湯の入浴、ぜひ試してみてください!

*本記事は「しょくびさーち」にお寄せ頂いた美容ノウハウを掲載しているものです。

購入する前に

「しょくびさーち」ではネットに掲載されているアイテムの評価レビューを独自基準によりまとめています。★5と★4がとくにおすすめです。

購入するショップからどのようなセットや量を購入するか確認しましょう。

商品価格は変更になっているものもあります。

                           

楽天モーション

ホーム画面に追加する

インスタじゃなくSafariなどのブラウザで開いてから「ホーム画面に追加」するとアイコンができるわ
インスタだとメニューにないのよ
しょくびさーち